辰川智史応援団


智史くんの画家デビューを応援しよう!


自閉症の少年は世の中に順応できずに生きてきました。しかし、一人の教師と出会い自然の中で暮らす喜びを知ります。二人は広島県の山間部土師ダムの畔で共同生活を始めます。

1985 広島市に生まれる。酪農家の両親の元で智史は自由に育つ。

1991 小学校入学時に自閉症と診断される。

2000 中学校卒業後に通信制の高等学校に入学、そして退学。

同年、山根教師と出会い、鶴学園八千代校舎へ通い始める。 ・・・母親が他界

智史、絵に興味を示し描き始める。

教師は「智史に道筋を付けてあげたい」その思いからアーティストへの道を勧める。

2017 3月31日山根教師退職~智史と別れる日が来ました。

※現在31歳の智史は「ボクはまだ29さいです」恩師との別れを惜しむかのように言いました。

 4月20日≫辰川智史画家デビュー

 2017年4月20日 「辰川智史展~29歳孤高の瞳~」より

世の中に順応できない

好きなものしか見えない

興味のあるものだけを描く

それが、智史の才能です。

智史/2017年4月現在31歳